Category : リノベーション

築50年のお部屋を古民家風に!大きな梁が魅力です♪解体始まりました~♪

今日は秋晴れとっても気持ちが良いですね。

秋のリフォームシーズン到来

現場の方も動いております。
今担当しているお客様のお家はご家族がほんとに仲良しで素敵です。
何より 皆さんの笑顔が 素晴らしい

スタッフも「O様のお家に来ると ほんま ほっこりして幸せ気分になるよなーー
あんな家族いいよなーーー」っとしみじみと語ってしまう程でした

大きくなられた息子様お二人が仲良く過ごされるプライベートルームに
使われてなかったお二階をリノベーションです

築50年と言うと、古き良き時代の建築物だと思われます。

半間が980もある大きな和室が二部屋・・・
ワンルームにしていきます。

斜め奥を見る01

お部屋とお部屋の間は襖で仕切られていました。

天井高が1800の建具が入る程しかなく
天井をめくって 梁を露出させ天井には断熱材を入れる予定です。

不要になる畳や襖を処分します

斜め奥を見る02

一部天井をめくって天井裏の状態確認・・・
着工したら全ての天井と一部以外の壁を撤去します。
そして床の下地と天井下地を造っていきます。

天井めくると幣串が屋根裏に納られていました。
上棟式

こうしてご家族の健康や無災害を守ってくれていたのですね。
50年前 このお家が建つ時の上棟式の物です。
新しく生まれ変わりますが 大切に屋根裏に納めさせていただきます


同じ角度で見て 天井・壁を撤去すると現れました~~~~

斜め奥を見る03

窓側の角度で見てみましょう

窓側を見る01

お荷物がなくなった着工時・・・

そして解体と下地・・・大きな梁が素敵です♪

窓側を見る02

梁を受けている柱があります。
このラインの柱は全部で梁を受けているので大切な柱です。

土壁が時代を感じますね

天井裏01

天井高を屋根勾配と同じ様に下地をして 確保します。

天井裏02

こちらは 二階に上がった 廊下から奥を見ます。

廊下から見る01

この廊下も新しくお部屋として生まれ変わります

廊下から見る02

梁を支えている柱にかかっている「けた」は残します。
全て壁は大壁になるので べニアでけたを包んでクロスで仕上げます。

梁は黒のオイルステインで古民家風に!

ここの部分をお部屋の中から見てみます。

廊下反対を見る02

昔の大工さんが金物を使わずに作る 木造のお家はお勉強ポイントが沢山あります
土壁の中には竹が入っていました。

土壁を造る時の工法なんですが最近見る事 なかなかないです

竹を細かく編む竹小舞と言う下地をつくります。
竹を使うのは 竹の特徴の「しなる」所を活かしているんですね。
柱に穴を開けてその穴に竹をしならせて先を入れるそうです。
竹の柔軟性が家の揺れにもしっかり対応しそうですよね。なるほど・・・

その上に内外両面から下塗りをして充分に乾燥させて、中塗り、そして上塗りと重ね塗りをして完成させるんです。

土には「わら」などの「スサ」を混ぜてゆっくりと熟成させるのがポイントだったようです。

土壁は地震に強い耐力壁となって家族を守ってくれるんですね。
ここも今とまた違う手間がかかりますが
地震や家事などに対して意味のある材料や工程が組まれてますね。

家づくりの大切なポイントは今も昔も 同じ意味にあると言う事ですね~
勉強になりますねーーー!
実際 勉強した内容の建築物を見れる機会が激減しているのも確かです
勉強になりました!


廊下反対を見る03

お洒落なお兄さんがいらっしゃるので OPENにはなりますが壁一面に
お洋服を掛けれる様にハンガーパイプが一面に設置される予定です。

照明器具は古民家に合うブラケットを設置予定・・・楽しみな部分です。

電気工事も仕込みは完了!
元々の線は昔ながらのこちら

電気の線を見る

がいし引きって言うんですが
今では電柱上や高圧送電線でしか使われなくなってきていますが、
昔は家屋の中でもこうやって電線を引っぱっていたそうです。
まさにその時代ですね

昔は更に手間がかかる工事だったと思われます。
昔の電気屋さんから今の電気屋さんへ・・・
引き継がれる瞬間をしっかり見てきました

新しい配線が仕込まれ、長年頑張った配線にお疲れ様でしたといった感じでした

新しい補強も入り 楽しみです

カバー工法で新しいサッシになり、安心の生まれ変わりとなりそうです。

最後まで丁寧に大切に気持ちのある工事を目指します
引き続きよろしくお願い致します。


さてさて・・・
お母さん日記なので 主婦の日記も継続していまーーーす

お家造り・・・いい材料が現れ いい工具で便利で時間短縮もできる時代です。
主婦のお仕事・・・結構 こちらも年々 時短やお掃除らくらくや
なんなら そんな知識なくても簡単にできちゃう系・・・増えてますよね。

本日はこちら!
「パン」

私が小さい頃は 母が粉からの一から パン作りをしていました。
こねたり 発酵させたり・・・小さいながらに その工程を見てるのが好きでした。

今では 粉を測って入れて スイッチオンで 発酵したパン生地が完成しています。
測って入れる事 5分ほど

そんな便利な時代でほんと良かった!
仕事のせいにするわけじゃありませんが・・・仕事しながら
お休みの日に時間をかけてパンを焼くなんで 絶対に無理ですから!はい!

で・・・我が家の期待の星

ホームベーカリー  じゃじゃじゃーん
活躍してくれてます。

この子のおかげで パンを焼く私の姿を見る事ができた子供達!
ふふふふふ

できた生地を均等に切って(ここでもう 均等に切れてない所が笑えます)
丸めて 二次発酵

そして 長く伸ばして くるくるくるーーーーーー

IMG_3954.jpg

ちょっともっさりしていますが・・・バターロール

卵を塗ってーーーー

IMG_3955_20191105124737658.jpg

オーブンへ!
ちょっと膨らみが足りない気がしましたが・・・
発酵が良くなかったのかなーーー

IMG_3957.jpg

IMG_3960_20191105124740e21.jpg

生地と焼けた後のbefore Afterが あんまりにも変わらず
笑えたと言うか・・・ここまで簡単でも うまくできない事に うーーーん

手間をかけずに 簡単にパンを焼けたと言う事で・・・
お家の中には幸せな匂いがしていました

IMG_3963.jpg

不細工なパンたちですが、我が家の大きな子供達三人が
一瞬でたいらげました。

ちょっとだけ 満足感ありましたーーー
なんちゃって手間暇の巻ーーーーでした。

食欲の秋ですね!
ちょっと大きくなってる様に思う お母さんです。
気を付けなくちゃだわーーーー

素敵な秋をお過ごしくださいませ

住まいる倶楽部のリフォーム施工事例 まだまだありますよ
興味のある方は住まいる倶楽部のホームページをご覧くださいませ
スマッピーの緑の鼻をクリックしてください


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 枚方情報へ
ポチッとクリックしていただけたら励みになります
がんばっちゃいます

和室の押入れを玄関土間収納に!できるんです♪和と洋の繋がりも素敵です♪新しい我が家♪

朝晩涼しくなってまいりましたが・・・
10月とは思えない暑さに日もあったり・・・体がついていけないこの頃でございます

毎日快適な秋が待ち遠しいです

増税前・・・そして増税後となり 皆様大きなお買い物はされましたか?
リフォームのご相談沢山いただきました

私もなんだか最後は焦りましたが・・・
結局、悩みながらも・・・大きな決意ができず、増税後にアウトレットに行ってしまったり・・・
そんなもんですかねーふふふふふ

さて・・・春に全改装済のA様邸の施工事例のご紹介の続編です

前回は見えない所の快適のお話もさせていただきました。
床暖やカワック・・・光を通すガラスを入れた建具や
木部のカラーを変えるだけでも、お家のイメージや生活スタイルも激変致します。

さて・・・今日は収納のお話と仕上げのお話です。

Aさま邸の一階和室の押入れは玄関の横に位置していました。

玄関01
あら・・・おみかん


失礼しました・・・

この扉が和室への入口でこのおみかんの向こうが押入れとなっていました。

一階平面図Before

玄関も新しくなります

玄関02

和室側の押入が玄関から使える土間収納に生まれ変わります

一階平面図After

和室の入口も半間 移動させます。
玄関ホールの形状も造り変えます。

玄関のタイルははつって、土間を打ち直します。
框もチェリー柄に合せ、付け框もチェリー柄で回します。

まず 解体 撤去すすめます。

玄関03

押入の方も襖を撤去処分し新しく壁を造作します。

玄関04

玄関ホールの新しい形状部分以外は下地として
使いますので ジャストサイズでカットして撤去していきました。

玄関05

新しい上がり部分は、ちょっと腰をかけれる様にしました。

玄関06

土間収納は大容量の収納力が見込めますので収納ユニットは
置かず、広々とした玄関となりました。

玄関07

土間とチェリーのカラーバランスがいいですね

玄関08

新しい床と新しい土間・・・押入が真逆から使える玄関収納になりました。
最初は扉を設置する予定でしたが、後からでも設置できるので
スタートは解放的なままお使いいただきます。

壁の下地はビスの効く下地にしてあります。
棚板をご主人様がDIYで造作されます

玄関から上がると和室の入口がウォールナット柄

玄関09

扉を開けると 和室からリビングに繋がる縦格子の素敵な建具が現れます。

玄関099

玄関から和室への繋がりがとっても良い感じに仕上がっています

玄関から入ると縦格子の・・・
じゃーん




IMG_1302.jpg

和室はウォールナット柄を基調にまとめられました。

IMG_1303_2019100316352325f.jpg


リビングが見える奥行き感も広々と感じます

IMG_1306_20191003163525cb1.jpg

開けると繋がる空間になります

IMG_1307.jpg

和と洋の組合せが畳に負けない位 素敵です

IMG_1308.jpg


前回もお伝えした リビングの建具や窓枠はホワイトアッシュになっています。

繋がる空間でも こうして空間ごとに木部のカラーを変える事も
こだわりになりました

すっかり新しい新居に生まれ変わりました。
お客様の気持ちがいっぱい入った素敵な我が家の完成です

お二階は 間取りは変えず、バリアフリーをいかしながらの
内装を貼替えました。

Panasonicの1.5ミリの床材
WPBリフォームフロア のメープルです。


現在の床の上に貼っていくのですが
巾木もそのまま こんなにキレイになります。

二階仕上01

専用テープで張っていきます。

仕上がった時の満足度・・・いい感じでした。

二階仕上02

アクセントクロスとベースクロス・・・天井クロスの割合も良く
落ち着いた寝室となりました

二階仕上03

姫の部屋は可愛いスヌーピーです


二階仕上05

お客様対応できる部屋は ディズニーとなりました。

二階仕上04

階段は既存になりましたが、階段上部のみ WPB用もリフォーム框でおさまりました。

二階仕上06

リフォームの良さはここからここまでと
SPACE事に新しくできる事ですね
新しい我が家が完成致しました


ご夫婦のチームワークの温かく、素敵でした
末永く宜しくお願い致します

さーーーーーーーーーーー
増税前にご予約いただきましたお客様の工事が
順々に進んでまいります。
住まいる倶楽部・・・頑張りましょう


さてさて・・・
ハロウィンですね・・・

うちの末娘・・・せっせとせっせと・・・ユニバに通っております。
IMG_3314.jpg

メイドさん
なんちゃって学生さん
ナース(メンソレータム)さん
顔は血だらけメイク

恐ろしいホラーナイトが続きます

住まいる倶楽部のリフォーム施工事例 まだまだありますよ
興味のある方は住まいる倶楽部のホームページをご覧くださいませ
スマッピーの緑の鼻をクリックしてください


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 枚方情報へ
ポチッとクリックしていただけたら励みになります
がんばっちゃいます

A様邸全面改装が終わりました♪洋と和の絶妙な空間が居心地良くまとまりました♪木調クロスの温かい天井です♪


ご無沙汰しております


みなさん 夏の終わり・・・お元気でお過ごしでしょうか

新学期も始まり ホッとされているお母さん方も多くおられるのではないでしょうか・・・

我が家もややこしい末娘も新学期が始まりました。
朝の洗面所での支度が長いこと長いこと・・・
いったい学校に何しに行ってるのかと目を疑う光景が洗面所にあります

毎朝の戦いは洗面所から始まります

忙しいお母様方~~~頑張りましょう


さてさて・・・
枚方市のA様邸の全面改装工事が終了致しました。
優しい旦那様に 可愛い奥様・・・そして
目の中に入れても痛くない位可愛い姫が暮らされる新居です

ご紹介いたしましょう。

今回は一階部分から・・・

対面キッチンから和室に繋がるLDKでした。
Kitchenを入替るタイミングで吊り戸を無くされるお客様多いです。

A様邸平面図

リビングとキッチンの天井が繋がりを持つだけで
広々と開放的なLDKに生まれ変わります。

Kitchen001.jpg

今回 天井のクロスを木調にされたので とっても質感のある
優しいキッチンのカラーに 温かい木調の天井・・・その向きうに

じゃーーーん

Kitchen002.jpg

奥様お選びのPanasonicのラクシーナ・・・
扉柄がとっても可愛いカラーで 甘いとモダンとのバランスが
上級者でした

Kitchen003.jpg

もともとの木部のカラーが その当時流行ったミディアムオークでした。

リビング001

解体していきます。
クローゼットの扉も入替ます。
オーダーで元のサイズと同じサイズで作ります

リビング002

扉の位置を半間移動させて テレビを壁かけにされました。
こうして少しの移設で快適な間取りになり生活スタイルも変わります。

壁は取れないと思っておられませんか?
構造上 難しい場合もありますが 一度ご相談くださいね

リビング004

LDKの木部は全て取替ました。
Kitchenリビングは 巾木と廻り縁は床に合せてチェリー柄
窓枠と建具関係はホワイトアッシュ柄
っと言う風に
  
床に合せる木部と壁に合せる木部それぞれのカラーで
お部屋のイメージが大きく変わります。

Kitchen対面のカウンターも撤去しできるだけ小さい腰壁にしました。

Kitchen廻りの雰囲気が奥様に合っていて 優しく上品です。
うーーーん 可愛いですーーーーーーーーー

リビング005

今回のリノベーションでお部屋の主暖房を床暖にされました。
お部屋の面積のできる限りを床暖で埋め尽くしました。
和室のリビングから繋がるチェリーの床ですが しっかり床暖入っています。

床暖001

ガスの床暖なので 和室は畳撤去
リビングは現在のフローリングの12ミリの厚み・・・床暖を入れる部分だけ撤去します。

床暖002

既存の床と同じレベルで床暖が仕上がっているのがわかりますね。
とっても贅沢な素敵です!!!

そしてこの上に新しいチェリーの床をかぶせて敷いていきます。
戸建ての場合、床はめくらずに上張りしていく工程が多いです。
床下の基礎に繋がる部分に木部がボンドや釘でしっかり固定されているので
めくっていくと大変な工程になるので こうして上張りしていきます。

完成がこちら

床暖003

落ち着いたリビングになりました。
小さな姫が過ごすお部屋・・・床暖になり空気を汚さずに過ごされるお部屋になりました


お子様だけではありません。
しっかりママのスペースも温かくなります。

床暖004

Kitchenが入って その手前・・・奥様が毎日立つ床こそ
温かくしてあげたい ご主人様の優しさですね~

床暖005

こうして 企画のサイズをパズルの様に組合せて お部屋のサイズで
可能な限り 敷き詰めていきます。

Kitchen 横長に温かいのが・・・いいですね~

完成がこちら床暖006

断熱や暖房・・・床を触るタイミング・・・天井を触るタイミングで
その下の在り方 その上の在り方を考えるのも 良いのではないでしょうか


みえない部分にしっかり仕込む事で更に快適な暮らしになります。
これからの季節…居心地よくお暮らしいただける事 楽しみです

本日は木部のカラーを変えるイメージや
天井にアクセントクロスをもってくると こんなに見違える事や
主暖房を考えるリフォームをお話ししました。

さぼらずにワクワク日記皆様にお伝えしていきたいと思います~

さてさて・・・
最近 我が家の食いしん坊家族がはまっています。

ピザ

ホームベーカリー二代目に代わり
娘達がせっせと ピザ生地を作っております。

IMG_0557_201909051704115a7.jpg

40分 材料を入れてほっておきまーーーす。
伸ばして伸ばしてーーーー

IMG_0558_20190905170412c57.jpg


コストコのトマトバジル 大容量で格安を塗って

好きな具を好きなだけ乗せちゃいますが
うちの場合 ほんまに良くばり食いしん坊なので
こんなてんこ盛りになります

IMG_0555_2019090517041433e.jpg

乗せすぎやってーーーーに
いいやん、いいやん、美味しいやんで チーズを乗せますが

IMG_0556_20190905170415ff1.jpg

ビザと言うか・・・山になってます。

IMG_0560_20190905170417b5e.jpg


もうちょっと 生地やチーズを楽しむ様に全体的に減らそうって話になるのですが
毎回 山盛りの我が家のピザでしたーーーー

ご成約記念品のホームベーカリーも好評です


ご成約プレゼント



みなさん リフォームの秋です楽しみましょう。

ご相談くださいませ

住まいる倶楽部のリフォーム施工事例 まだまだありますよ
興味のある方は住まいる倶楽部のホームページをご覧くださいませ
スマッピーの緑の鼻をクリックしてください


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 枚方情報へ
ポチッとクリックしていただけたら励みになります
がんばっちゃいます

ご家族が快適になるLDKのリノベーションです♪梅雨の時期は劇的に快適に♪ご家族の笑顔が溢れる集うリビングに♪

こんにちは

しとしとと よくふりますね~


湿度にやられていませんか?
気温に体温が慣れるまで時間があかかり、暑かったり寒かったりでございます


さてさて・・・


交野市のT様邸です

ご主人様がDIYで珪藻土を塗られている温かなリビングに
和室がお隣に 少しの段差がありながら繋がっていました。

対面カウンターですが、吊り戸とハイカウンターの組合せで
キッチンにいると リビングとコミュニケーションが取りずらい事も課題でした


0001_20190704174147d7c.jpg

キッチンとリビングに繋がりをもたせ、一体感のある
LDKを・・・そして和室だったSPACEを床はバリアフリーで無垢の床で繋げ
広々としながらご家族が集えるお部屋に生まれ変わります


当時 まだこたつの季節・・・
イメージを提出させていただきました。

00010.jpg

和室と繋がり キッチンからも 会話が弾む様に・・・

0008_20190704174213894.jpg

テーブルを置いても 広々としていて開放感があります。
イメージをもっていただき、少しでも不安なく工事を進めさせていただけたら
お客様も楽しんでいただけるのではないかと思っております

では・・・まずはカウンター廻りの解体です

0002_20190704174148d39.jpg

必要な高さを残し、キッチンの高さからカウンターの高さを決めていきます。

戸建てはマンションと違って とれる所と とれない所・・・
構造上大切な部分が顔を出します。

仕上がりの寸法がここで出てきます。
べニアの厚み・・・ボードの厚みが決まり仕上がり寸法が出て
内寸が決まれば棚板のサイズが決定・・・カウンターのサイズが決定と
ばらさないと わからない部分があります。

0003_2019070417415061d.jpg

現場で施工方法や カットする寸法など打合せしながら決めていく事もあります。

0004_20190704174151da4.jpg

毎日 ご主人様と奥様・・・時にはお父様に進行状況を見ていただき
Counterの端のカットの角度・・・
高さ・・・厚み・・・できたその場所でご検討していただける事もありました。

住みながらのリフォームは
とってもお疲れになられたと思います

カウンターが設置できました。

0005_20190704174153365.jpg

この時に見た目で厚みのあるカウンターがご希望な場合
自由に加工できます。
水廻り付近のカウンターは水に強くないといけません。
ダイノックシートは水に強い素材ですので、安心です。

さて・・・
集成材で形を整え 仕上げにダイノックシートを貼って仕上げました。

天井がリビングと繋がり広々と解放感のあるキッチン廻りになりました

0006_20190704174209fd7.jpg

柱と柱の間の壁を撤去し、棚板を設置しました。

4443.jpg

元々のキッチンからはお部屋を見渡す事はできませんでした

3330.jpg

リフォーム後は
キッチンから見ると 元和室側まで開放的に見えます


イメージパースでは

3332.jpg

こうしてキッチンに立った時の見え方なども
工事に入る前・・・プランの段階でご確認していただきます。

3333.jpg

リビング入口に入った所の見え方も大切です。
以前は個室的なキッチンですが

3335.jpg

こうしてキッチンを中心にどこにいてもコミュニケーションがとりやすくなると
団欒が楽しくなりそうです

キッチンはPanasonicのラクシーナ
素敵なオリーブグリーンを選ばれました


元々は当時流行った木調の温かいキッチンでした

解体して配管を仕込みます。

1112.jpg

タイルの壁撤去しました

4440.jpg

窓枠もホワイトに入替えました。

4441.jpg

ちょっとお写真が暗くなってしまいましたが
とっても素敵なキッチンです。タッチレスの水栓・・・憧れです
このスリムセンサー水栓が カウンター越しに見えるだけで テンション上がります

1113.jpg

1118.jpg


カップボードはソフトチェリーで床のテラコッタ風クッションフロアを
とっても相性のいいキッチンSPACEになりました

1117.jpg


和室とリビングの間にあった垂れ壁や袖壁などを撤去し
繋がりのあるお部屋にする予定でした。

解体してみないと分からない部分がこうして出てまいりましたーーーー

2221.jpg

筋交いがジャジャジャジャーン


2222.jpg

微妙な所に梁があったり・・・お家には大切な構造上の梁や筋交い・・・
ここはお家の為に残したいです。はい

こちらも柱巻き・・・ダイノックシートを貼ります。

ダイノックシートを貼るにはべニアでは無くて、シナベニアで包みます。
べニアよりシナベニアはキメが細かく施工工程も張りあがりも抜群になります。

何度も言いますが・・・仕上がりの良さは 下地にありと言っても過言ではありません。
見えない所に手を抜かない・・・とっても大切だと思います


こうして シナベニアの上に下地ボンドを塗布

2223.jpg

乾かす工程も大切です

2224.jpg

じゃーーーん

2225.jpg

グリーンの天井も優しく ダイノックシートの木カラーと相性もいいです。
ご夫婦の温かい感じが内装にそのまま出ていて とってもほっこりします


2226.jpg


筋交いが出てきた時に奥様がとっても優しい提案をくださいました。
将来的にこの筋交を活かして 内装を楽しんでいただける様なご提案でした

私達も勉強になります。
お客様の発想は本当に素敵な内容が多いです。
大切な我が家にとって大切な所を残して、より良く楽しんでいただく姿に
嬉しく また、見習わせていただきたいと思います

ご家族の団欒・・・
温かいご主人様のDIYの壁
素足でも優しい床
コミュニケーションの取りやすいキッチン

愛情たっぷりなT様ご夫婦の気持ちの詰まったリフォームになりました

0007_20190704174211bfc.jpg


0009_20190704174214b8b.jpg


00011.jpg

長い時間 住みながらの工事でお疲れになられたと思います。
おじいちゃま おばあちゃま お子様達の毎日をまたお聞かせいただけたらと
楽しみにしております。

末永く 宜しくお願い致します


最高の記念がこちら

55555.jpg

このリフォームの時のお子様達の手形です。
この壁・・・宝物ですね

他にも 長年、身長を柱に書きこまれていた宝物
残して設置させていただきました。

T様ご家族の毎日が笑顔でいっぱいであります様に・・・

またお会いできます日を楽しみにしております


こうして話ていると 奥様に逢いたくなっちゃいました

振り返って ほっこりした気持ちになりました。
さーーーー頑張ろう~~~~~~

エイエイオー

エイエイオー

住まいる倶楽部のリフォーム施工事例 まだまだありますよ
興味のある方は住まいる倶楽部のホームページをご覧くださいませ
スマッピーの緑の鼻をクリックしてください


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 枚方情報へ
ポチッとクリックしていただけたら励みになります
がんばっちゃいます

新しい床に新しい壁・・・・お部屋の形が変わりました♪ご家族の形に合ったお部屋に♪

温かいと言うより暑い日が続いていますが・・・
急な気温変化に体調管理も急に変わってまいります。

春ですがしっかり水分を摂ってくださいませ


さてさて・・・

枚方市のS様邸の床工事も終わり和室が新しい洋室に
生まれ変わろうとしています。

ご家族の新しい生活スタイルに合せて
和室 洋室 段差解消 大きなお部屋 小さなお部屋

家族に合った ベストなお家の間取り 造りましょう


最初は和室でした。


押入れがあって

IMG_6352_201904231707017b7.jpg

障子がありました

IMG_6353_20190423170703f18.jpg


押入れは洋風の建具に変わります。
まずは廻り縁や畳寄・障子撤去に
和のテイストを撤去処分します。

IMG_6511_2019040415093805c.jpg

リビングと和室の間にあった壁も撤去します。

撤去が完了したら床張りの工事です。
ゆかめくりは先日お伝えしましたが 床が無くなった時に土間の
レベルをキチンと整える事は忘れてはいけません


IMG_6560_2019040815061365b.jpg

リビングと和室の間にあった壁の下のレベルが悪かったので
補修しました。

元 和室は お姫様の将来的にはプライベートルームになりますので
片開きの入口建具になります。

まずは床張り


IMG_6670.jpg


床が張りあがるだけで 新しいお部屋にワクワクします


IMG_6669.jpg

障子が撤去され、リビングとバリアフリーで床張りが完成しています。


IMG_6668.jpg


この床の上に新しい壁ができるわけです

1555291253730[13695]

一本溝の素敵なフローリングが張り、即 養生です

新しいお部屋の木部はホワイトアッシュになり建具も同様となります。

既存と新しい木部が違和感のない様に合せていきます。


障子のあった窓際にもホワイトアッシュの窓枠が入ります。
楽しみです

住設と仕上げ工事と進んでまいります

さて・・・
春のリフォーム・・・リノベーション・・・進んでおります。

ご家族の形・・・ご家族の過ごし方・・・将来・・・スタイル・・・・ご予算ももちろんです

図面でBefore Afterを書いて イメージがわかる様に
パースで見ていただきます。

完成する我が家を色んな角度から見ていただきながら
イメージを煮詰めていきます。

パースはぶれないイメージを確認していただく為の大切な材料です。

リビングから真っ直ぐ見ていただいたり

二階正面から見る

多目的なSPACEを見ていただいたり

二階階段とフリーSPACEを見る

あーーーこういうイメージは違うな~だとか
この形は違うな~だとか・・・イメージの相違を確認していけます。

二階テレビ側から見る

テレビの方向から見ましょう。
Kitchenからはどう見えるのか・・・

二階キッチンから見る

色んな角度 色んな目線で楽しみながら進めていただけたら
いいなーと思います。

こちらは三階のフリーSPACE 

三階フリーSPACEを見る

一部屋だけまったく質感の違うクロスを貼る事もできる例を
お見せしました。

間取りが確定しましたら内装イメージです。
こちらは イメージ先行の場合もありますし 間取り先行の場合もあります。
もちろん同時進行もあります。


こちらは LIXILのラシッサのカタログをチョイスして
この中にお好きなイメージありますでしょうか


新婚さんのお家になるので


VK2200_P28_29-1.jpg

VK2200_P30_31-1のコピー

VK2200_P32_33-1.jpg

VK2200_P34_35-1.jpg

VK2200_P36_37-1.jpg

VK2200_P38_39-1.jpg

VK2200_P40_41-1.jpg

VK2200_P42_43-1.jpg

他メーカーのカタログや お好きなカフェやお店のイメージ

お好きなお部屋のイメージ集めをしていただけるともっともっと
お客様の好みがわかって進めやすくなります


T様邸の新居になるリノベーション工事・・・
PLAN進行中です


大切に大切に進めさせていただきたいと
スタッフと密に打合せをしていこうと思う母さんプランナーであります


チームワークを大切に

エイエイオー

エイエイオー

住まいる倶楽部のリフォーム施工事例 まだまだありますよ
興味のある方は住まいる倶楽部のホームページをご覧くださいませ
スマッピーの緑の鼻をクリックしてください


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 枚方情報へ
ポチッとクリックしていただけたら励みになります
がんばっちゃいます

LINE@

住まいる倶楽部            公式アカウントSTART!

期間限定クーポン配信中です(*'▽')是非お友達登録お願いします!

参加ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 枚方情報へ

ポチッとクリックしていただけたら励みになります
がんばっちゃいます

プロフィール

住まいる倶楽部 スマッピー

Author:住まいる倶楽部 スマッピー
リフォーム専門店の住まいる倶楽部です。枚方市、交野市を中心に、大阪、京都、奈良、兵庫のリフォーム工事を承っております。

【長尾店】
大阪府枚方市長尾谷町3-11-1
TEL:072-907-8175
FAX:072-807-8176
営業時間:9時~18時
定休日:水曜、日曜、祝日

【河内磐船店】
大阪府交野市森北1-23-14
TEL:072-895-7017
FAX:072-895-7018
営業時間:9時~18時
定休日:水曜、祝日

【枚方店】
大阪府枚方市東田宮1-11-1
TEL:072-807-4421
FAX:072-807-4422
営業時間:9時~18時
定休日:水曜、祝日

施工地域:大阪府、京都府、奈良県、兵庫県
(一部対応出来ない地域もございます)

リンク

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

運営会社

検索フォーム

Top